TEL

Blog記事一覧 > お知らせ,疲労,雑学 > 健康な体の作り方!!睡眠偏 疲労⑦

健康な体の作り方!!睡眠偏 疲労⑦

2018.09.03 | Category: お知らせ,疲労,雑学

こんにちは整骨院なかのです。

 

今日は身体を酸化させやすい食べ物についてです。

 

ざっくり分けると

食品添加物の多いもの

動物性脂肪、糖質の多いもの

トランス脂肪酸(酸化しているもの)を多く含むもの

などがあります。

 

・食品添加物が多い食べ物

 食品添加物は、身体にとっては異物になり

 解毒しようと身体が働き活性酸素ができやすくなり

 酸化しやすくなります。

 その他にも物によって、発がん性やアレルギー性、

 赤血球の減少、不妊、うつetc

 に影響するものもあります。

 

・動物性脂肪、糖質の多い食べ物

 肉類や炭水化物(米、麺、小麦製品etc)を

 多く摂りすぎると、

 中性脂肪や悪玉コレステロールが増えます。

 

 中性脂肪や悪玉コレステロールが活性酸素と

 結ぶつくと細胞を酸化させたり傷つける物質になって

 しまいます。

 

・トランス脂肪酸(酸化しているもの)を多く含むもの

 トランス脂肪酸とは、酸化した油やショートニング、

 マーガリンなどに特に多く含まれています。

 細胞を酸化させる作用がとても強く、多くの国で食品

 中の入っているトランス脂肪酸量を表示するように

 義務化され一日の摂取上限が決められています

(アメリカ、イギリス、中国、韓国などなど)

 

 日本では、アメリカなどに比べて日常的に摂る量が

 少ないという理由で表示の義務化はされていません

 が、ファストフード・コンビニの揚げ物(ポテト、

 ナゲット、ドーナツ、チキン類など)、市販の

 マーガリンやショートニングを使ったパン・ケーキ

 スイーツ類、インスタント食品、スナック菓子

 などなどあげたらきりがないぐらい

 溢れかえっています。

 

 心筋梗塞などの心臓病や認知機能の低下(物忘れしや

 すくなる)などの危険性が報告されています。

 

これらは出来れば食べないようにした方がよいですが、

現代の日本では全く摂らないというのも難しい事だと思います。

 

野菜や果物、海藻なども心がけて食べてもらって、バランスの良い食事にしてもらえたらと思います。

 

前回お話しさせてもらったような酸化を抑える食品もとても有効なので参考にされてください。

 

最後までご精読いただきありがとうございました。

感謝致します。

当院へのアクセス情報

所在地〒818-0072 福岡県筑紫野市二日市中央2-6-13
JR二日市駅から左に徒歩1分。ロータリー出口にあります
駐車場近隣のパーキングをご利用ください。
1時間100円負担いたします。
電話番号092-928-3422
休診日GW、盆、正月