TEL

Blog記事一覧 > 未分類 > なぜ姿勢は大事?自律神経編③中

なぜ姿勢は大事?自律神経編③中

2018.05.28 | Category: 未分類

こんにちは整骨院なかのです。

 

今回も引き続きメカニズムについてさっくりお話しさせてもらいます。

今回は食事&過度の運動と自律神経との関係についてです。

 

自律神経と食事には、とても深い関係があります。

自律神経が働くために必要になるメッセージ物質は食事でしかとれないものもあるので、

偏った食生活をしていると自律神経に影響してきます。

 

乳製品や大豆製品、肉類、魚介類、卵などに多く含まれる

トリプトファンやフェニルアラニンなどの必須アミノ酸と言われる

食べ物からしか摂れない物質が必要です。

 

しかし、これらを自律神経が使えるようにするためには、

ビタミンやミネラル、食物繊維などが必要になります。

(オススメ:牛豚鳥レバー、鮭

 干しひじきなどの海藻類)

 

つまり炭水化物や肉、野菜、果物など色々な種類の食べ物を

バランスよく食べることが必要不可欠になります。

 

運動する=交感神経が活発になります。

何にでも言えますが、やり過ぎはいけません

身体を動かすとは、筋肉が縮むことなので、

運動の強度・時間が増すほど

筋緊張が強くなり交感神経が働きやすくなります。

運動の度合いに合わせてクールダウンをしっかり行ってくださいね

 

ざっくりですが、

以上の理由から自律神経へ影響する場合もあるので、

皆さん気を付けてください。

 

次回は残りの姿勢と自律神経の関係についてお話しする予定です。

よければご覧ください。

 

最後までご精読いただきありがとうございます。

感謝致します。

当院へのアクセス情報

所在地〒818-0072 福岡県筑紫野市二日市中央2-6-13
JR二日市駅から左に徒歩1分。ロータリー出口にあります
駐車場近隣のパーキングをご利用ください。
1時間100円負担いたします。
電話番号092-928-3422
休診日GW、盆、正月