TEL

Blog記事一覧 > お知らせ > なぜ姿勢は大事?構造編(後)

なぜ姿勢は大事?構造編(後)

2018.04.02 | Category: お知らせ

こんにちは整骨院なかのです!

 

これまで、姿勢が悪いと筋肉・筋膜の負担が増えて

痛みが出やすくなったり、

骨がズレやすくなり変形の可能性が高くなるといった

見たり触れられる部分についてお話しさせてもらいました。

 

今回は悪い姿勢によって起きる身体の内側のデメリットについて

お話しさせてもらいます。

 

まず椅子に座って背中が丸まった状態を

イメージしてみて下さい。

内臓はお腹側にあるので、身体が丸まると押しつぶされてしまい働きが低下しやすくなります。

肺も同じように押しつぶされてしまい、膨らみ辛くなるので、

酸素をうまく取り込めなくなります

内臓の働きが悪くなる、呼吸が浅くなる、筋肉が固くなるなどは

交感神経が働きやすくなり自律神経のバランスが乱れやすくなる要因になります。

 

温度差が大きく変化しやすい今の時期は、

変化に弱い自律神経は乱れやすくなります!

自律神経が乱れる要素を少しでも減らして、「春バテ」を予防してもらえたらと思います。

 

原因は分からないけど、調子が悪いのが続いていたり、

はなかなか改善しない自律神経の症状でお悩みでしたら

いつでもお気軽にご相談ください。

 

ご精読ありがとうございます。

感謝致します。

当院へのアクセス情報

所在地〒818-0072 福岡県筑紫野市二日市中央2-6-13
JR二日市駅から左に徒歩1分。ロータリー出口にあります
駐車場近隣のパーキングをご利用ください。
1時間100円負担いたします。
電話番号092-928-3422
休診日GW、盆、正月