TEL

知れば怖くない!?鍼施術で使う鍼とは | JR二日市・西鉄二日市・西鉄紫 整骨院なかの

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > お知らせ > 知れば怖くない!?鍼施術で使う鍼とは

知れば怖くない!?鍼施術で使う鍼とは

2017.08.28 | Category: お知らせ

こんにちは!整骨院なかのです!

 
今日は鍼施術ついてお話しします。
鍼施術と言えば、怖い、痛そうと最初に思われることが多いと思います。
一般的に思われているの太さは注射針がイメージされます。
たしかに注射針を身体の各所にブスブス刺されたら痛いですよね。

しかし鍼灸施術に使うの太さは注射針ほどのサイズではありません。
写真のようにかなり細いものです。つまようじに比べるとかなり細いことが分かりますね。髪の毛ほどの太さとなっています。

 
このツボを刺激していきます。
折れる心配もあるでしょうが、ステンレス製なので折れる心配はありません。
使い捨てなので感染症の心配もありません。

これを身体に刺すのですが、やはりどうしても少しは痛みはあります。しかし想像よりもずっと小さい痛みです。
 

 
痛みを強く感じるケースとして
・怖がって身体に力が入っている
が毛穴に入ってしまった
・的確にツボに入りすぎてしまった
・ツボに入った重たい刺激を痛みと思っている
ことがあげられます。

 
も慣れがありますので、回数を重ねるとリラックスして受けることができます。
コリ、張りのような筋肉的なものから、頭痛や血圧などの自律神経への効果も期待できます。
興味があればぜひ受けてみてください。