TEL

Blog記事一覧 > スポーツ選手の怪我 > オリックス・バリントン選手の怪我(かかとの肉離れ)

オリックス・バリントン選手の怪我(かかとの肉離れ)

2015.09.12 | Category: スポーツ選手の怪我

こんにちは!院長の前田です!

 

今日はオリックスバファローズのバリントン選手の怪我のお話です

 

7/11にベースカバーに入るときに右かかと付近の肉離れを起こし

9/11日に復帰をしましたが、6回1失点と怪我の影響を感じさせない結果でした

                                 ひ ふく きん           こう けいこつ きん

詳細は、かかと付近の肉離れとなると腓腹筋ヒラメ筋後脛骨筋が関係していると思われます

                                       

腓腹筋ヒラメ筋は足首を下に向ける作用です

後脛骨筋は足首を内側に向ける作用です

今回はベースを踏んだ際に捻ってしまって、大きな負荷がかかって肉離れになったと思います

復帰まで2か月かかりましたので損傷が大きかったのでしょう

今回も好投しましたし残り少ないシーズンですが活躍をして最下位脱出を期待します

 

 

ちなみに、バリントンは去年までカープのローテピッチャーでした

カープが獲得した外国人選手は2-3年で他球団に移籍していきます

バリントンもそうですが、同時期にいたミコライオ、サファテ、少し前ですがラロッカ、シーツ、ルイスなどなど、みんな移籍して活躍しています

来年あたりはエルドレッド、ヒース、シアーホルツ、ロサリオが出ていくのかと心配です

当院へのアクセス情報

所在地〒818-0072 福岡県筑紫野市二日市中央2-6-13
JR二日市駅から左に徒歩1分。ロータリー出口にあります
駐車場近隣のパーキングをご利用ください。
1時間100円負担いたします。
電話番号092-928-3422
休診日GW、盆、正月